Amazon Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の効果的な使い方を具体的に解説【出版する人向け】

Kindle出版

Amazonの Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の効果的な使い方をご存知でしょうか?

一般的にKindle本を読む人にとってメリット(定額の読み放題サービス)がある印象があります。しかし、実はキンドルで電子書籍を出版する人にも利用する価値があるサービスなのです。

本の販売数を伸ばしたり、印税収入を増やしたり・・といった利点があります!

今回はその方法を具体的にお伝えしていきます。

もし今後、Kindleで電子書籍を出版しようと考えているのであれば、ここで紹介している内容を参考にしてみてください。

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)とは

月間利用者数が”5253万人”(2020年4月時点)のECサイト「Amazon」が提供する「Kindle」の読み放題サービスです。他にも、電子書籍の関連サービスには、楽天のkoboやSONYのReader Store・大日本印刷のhonto電子書籍ストアがありますが、Kindleは圧倒的No.1で・・市場の45%を占めるほど人気・認知度を誇っています。

定額・読み放題サービスの対象ジャンルは、

  • 文学
  • 思想
  • 社会
  • ビジネス経済
  • 趣味
  • 資格
  • コミック

など、全28種類にも及びます。

Kindleの電子書籍は紙と違い、

  • スマホ(iPhone/Android)
  • PC(Windows、Mac)
  • タブレット端末(iPad、Androidタブレット、Fireタブレット)

に保管できるので、持ち運びが便利です。

他にも、場所を選ばず好きな時に気軽に読めます。

次に「Kindle Unlimited を利用するメリット」を紹介していきます。

Kindle Unlimited を利用するメリット・デメリット

キンドル アンリミテッドを利用するメリットのうち、

  • 値段の安さ:月額料金980円の定額サービス
  • Kindle Unlimitedの会員は対象本を無料で読み放題できる
  • 無料期間(30日のお試しサービス)
  • 電子書籍や原稿作成やコンテンツづくりの参考本が見つかる
  • 書店では見かけない本もある

の5つが出版する人にとって必見ポイントです!

電子書籍の原稿作成やコンテンツづくり(メルマガ・ブログ・SNS投稿など)など、いろんな場面でKindle Unlimitedの読み放題サービスを有効活用できます。場合によっては、数万円分の書籍代をカットすることも可能なので、すごく便利です!

ここで挙げた3つのメリットを1つずつ掘り下げていきます。

値段の安さ:月額料金980円の定額サービス

『Kindle Unlimied(キンドル アンリミテッド)』は読み放題の対象本であれば、月に何冊読んで月額料金980円の定額サービスです。月額980円なので、1冊ビジネス書を買うよりも安い値段になります。

いろんな電子書籍・雑誌を読む人、たくさんの本を何度も読みたい人にとって非常に便利なサービスでしょう。

Kindle Unlimitedの会員は対象本を無料で読み放題できる

『Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)』の会員になることで、読み放題の対象となる「和書12万冊・洋書120万冊」もの本を無料で読めるわけです。

また、何か調べ物したり、文章を作成したりするときに役立つ読み放題サービスです。

ちなみに、Kindle Unlimitedに似たサービスに「Prime Reading(プライム リーディング)」があります。Amazon Primeの会員であれば利用できるもので、月額0円(Prime会費のみ)ですが、読み放題の対象本数が約820冊と限られています。

無料期間(30日のお試しサービス)

アマゾンのKindle Unlimitedには「30日間の無料お試し期間」があります。一度、会員になって読み放題の対象本を利用してみるといいでしょう。もし、サービス内容が求めていたものと違っていたり、値段相応の価値がないと感じたりした場合は、無料期間内に解約すれば料金は発生しません

ただし、無料期間のサービスを受けられるのは初回の登録時のみです。

時期によってはキャンペーンが実施されており、2ヵ月99円で読み放題サービスを利用できることもあります。

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimitedを利用するメリットはある一方で、使うときに注意しておきたいこともありますので、こちらも紹介しておきます。

  • ダウンロードできるのは10冊まで
  • 無料で読めた本が有料に変更される場合がある
  • すべての本が無料の対象ではない

この3つがちょっとしたデメリットです。

キンドル アンリミテッド(月額980円の定額サービス)のメリット・デメリットを比較した場合、普段から本を読む人やコンテンツをつくる人にとっては、利用するメリットが断然大きいです!

Kindle Unlimitedの登録方法

ここから「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の登録方法」を紹介していきます。

登録手順は

  1. Kindle Unlimitedのサイトにアクセスする
  2. 「30日間の無料体験を始める」をクリックする
  3. 支払い方法を選択する

の3ステップです。

各ステップを詳しく説明していきます。

Kindle Unlimitedのサイトにアクセスする

まずは「Kindle Unlimited 読み放題の登録サイト」にアクセスし、「サインイン」します。

「30日間の無料体験を始める」をクリックする

次に「30日間の無料体験を始める」をクリックします。時期によっては「GWキャンペーン」のような期間限定のプランもあります。

支払い方法を選択する

最後に「支払い方法」を選択します。

Kindle Unlimitedの月額料金を決済する手段は

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • Paidy翌月払い
  • 携帯決済

の大きく4つです。

どれか1つ選択した後に「続行」ボタンを押すと登録完了です。

キンドル本の売り手がKindle Unlimitedを効果的に使う方法

ここでは「キンドル本の売り手がKindle Unlimitedを効果的に使う方法」を

  1. 出版するKindle本を読み放題の対象に設定する
  2. 出版する電子書籍のコンセプトや内容を無料でリサーチできる
  3. Kindle本の値段(有料価格)を高くする

の3つの観点から紹介していきます。

出版するKindle本を読み放題の対象に設定する

Kindleで出版する本を読み放題の対象にする方法については、

【徹底解説】アマゾンのKindleで出版する本の値段の決め方

で詳しく紹介しています。

出版する電子書籍のコンセプトや内容を無料でリサーチできる

Kindleストアの投資ジャンルで電子書籍を出版するとき、同カテゴリーの本のタイトル・デザイン・目次・原稿の内容などをリサーチすることあるでしょう。

このとき、Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の会員である場合、多数の書籍を無料で読めるわけです。ちなみに、上図の赤枠で囲んだ本は無料で読めます。

もし会員でなければ、数万円のコストをかけて本を購入しリサーチする必要もあるでしょう。

そう考えますと、Kindleの読み放題サービスを月額980円で利用するメリットは大きいです。

Kindle本の値段(有料価格)を高くする

キンドルで販売する電子書籍の有料価格を高くし、Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の対象本にして、会員は無料で読める状態にしておきます。これにより、本の価値が高まって購読者数が増えやすくなります。

無料だとしても、1ページ読まれるごとに約0.5円の印税収入が発生するので、読み手・売り手(著者)の相互にメリットがあるわけです。

【まとめ】

ここまで、Kindleで電子書籍を出版する人向けに「Amazon Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)の効果的な使い方」をテーマにお話ししていきました。

お伝えした内容をザッと確認しますと・・

  1. Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)とは
  2. Kindle Unlimited を利用するメリット・デメリット
  3. Kindle Unlimitedの登録方法
  4. キンドル本の売り手がKindle Unlimitedを効果的に使う方法

の4つです。

読み手だけでなく、出版する人(売り手)にとっても Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)を利用するメリットが大きいのは

  • 値段の安さ:月額料金980円の定額サービス
  • Kindle Unlimitedの会員は対象本を無料で読み放題できる
  • 無料期間(30日のお試しサービス)
  • 電子書籍や原稿作成やコンテンツづくりの参考本が見つかる
  • 書店では見かけない本もある

の特徴があり、わざわざ高い費用をかけて本を購入する必要がなくなるからです。

もし、キンドルで本を出版して販売数を伸ばしたり、新規客リストや印税収入を増やしたいと思われたのであれば、この記事で紹介したことを参考にされてみてください。

追伸:

もし電子書籍しようと考えられている方で、出版代行のフルサポートを検討されている方は、下記よりお問い合わせくださいませ。あなたに見合うAmazonランキング1位の獲得~集客・販売促進の手法を提案させていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました